トップ

古いロレックスの修理

ロレックスが故障した場合

アンティークロレックスの修理

ご家族などから少し古い、しかし年期と味のある高級腕時計を譲ってもらった経験のある方は、特に30を過ぎた男性ならば多いのではないでしょうか。古くとも年期と歴史、そして渋みが感じられる高級時計は、自分を本物の大人の男性へと格上げしてくれるような魅力がありますね。

しかし、いざもらってみて実際につけてみたところ、時計が壊れていて動かなくなっていたというなんとも切ない体験をしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。ロレックスを修理するならこのサイトが役に立ちますよ。

高級時計の代名詞的存在であるロレックスの場合、時計自体が大変頑丈に作られていることから、完全に壊れてしまうことは少ないと考えられます。しかしながら、もちろん絶対に故障しないわけではありませんし、特に作られてから年月が経っている場合は故障してしまうこともあります。

アンティーク品のロレックスの場合には、仕組みが機械式であるものが多くなっています。この場合、時計自体の仕組みが複雑で、かつ細かい部品が多く含まれていることから、通常のロレックスよりも故障してしまうリスクは高くなってしまうと言えるでしょう。

また、特にアンティーク時計は壊れやすいこともさることながら、部品が集まらない、機械式のために複雑な修理が必要になるなどの理由から、修理に際しては手間がかかるものとなっています。

ですから、アンティーク時計を譲り受けた際には、最初はきちんと動いていたとしても、いずれは何かしらの不具合が起きることを想定しておき、最初から時計の修理や、場合によってはオーバーホールが必要になるものだと割り切っておくことが必要になるでしょう。長く使って行くためにも、まずは定期的な点検を行うところから始めましょう。